まずは改正電気事業法とメリットを知ろう!

電力会社を自分で選ぶ時代が来た!けれど電力会社をどう選べばいいのだろう?

電気代を抑えたいなら、エネオスでんき

 60年ぶりとなる大きな改革ともいうべき、電力小売全面自由化。
 今までは東京電力など、特定の事業者が独占していた家庭用電力小売事業。
 これからは一般の消費者、つまり私や皆さんのような一般の方が電力の購入を自由に選ぶことが
 できるようになります。
 電力供給の契約を東京電力や関西電力などの特定事業者だけでなく、様々な事業者の中から
 私たち自ら契約する電力会社を選ぶ、ということですね。

 

 けれど、自由に選べるのは気分的に良いものですが、いざ選ぶとなると・・・
 電力を扱う会社が数多くあるので結構戸惑うもの。いったいどこの会社がいいのか?

 

 住んでいる家や家族構成・ライフスタイルなどいろいろな角度から判断し、賢く電力会社を
 選べるようになるにはどうしたらいいのでしょうか。
 「よくわからないからテキトーに決めよう」では、お得なサービスなど見逃したりします。もったいない・・。
 まずは電力会社を調べる前に、【改正電気事業法】という電力小売りの全面自由化を定めた事業法を
 調べる必要があります。

 

【改正電気事業法を詳しく知ろう!】

 

 2016年4月、電力小売の自由化により電力会社を自由に選べます。
 ガソリンスタンドなどでお馴染みのENEOSも、「ENEOSでんき」として2003年に電力小売業に
 参入しています。
 主にオフィスビルや学校などの大口需要者に電気を供給してきました。
 ENEOSは電気に関して10年以上の実績がある、というわけですね。
 私も導入・契約を開始した「ENEOSでんき」、どのようなサービスがあるのでしょうか。

ENEOSでんき、その前に【ENEOSカード】

エネオスカードは3つ!あなたはどれ?

 ENEOSでんきで使用した電気料金をENEOSカードでお支払いいただくと、ガソリン・灯油・軽油が
 キャッシュバックになります!
 ※「ENEOSでんき」のご契約後でも追加登録が可能です。

 

 ENEOSでんきを契約する前にカードを作成しておくとスムーズですね。
 少しでもお得になるのはありがたい♪
 ENEOSカードは、ライフスタイルに併せてC・P・Sの3種類からお選びいただけます。

選べる3つのENEOSカードはライフスタイルに合わせて賢く選ぼう!
☆日々の暮らしの中で使えば使うほどガソリン代が下がる!
ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ)
☆給油はもちろん洗車やオイル交換などでもポイントが貯まる!
ENEOS CARD P(ポイントタイプ)
☆年一回の利用で年会費が無料に!
ENEOS CARD S(スタンダード)

【ENEOSでんき】が選ばれている理由はなんだろう?

 私が住んでいる分譲マンションでも電力自由化に積極的に動き始めました。
 まずはマンション内共用部分から新規参入事業者の電力供給を始めることになりました。
 マンション全戸の電力供給をすべて移行するのは住民の採決が関わってくるので
 時間がかかるようです。

 私は個人として「ENEOSでんき」の契約を申し込んだところです。
 数日前のことですが何人かの住民同士でお話しする機会があったときに、ほとんどの人が
 「ENEOSでんき」を検討していると言っていました。
 そこで、なぜENEOSでんきが注目され、契約を検討する人が多いのか理由を調べてみました。

【ENEOSでんき】が選ばれている理由

☆電気のこと、イロイロ

電力自由化ってなに? ここ数年話題になっている「電力自由化」
電力会社を契約する前に知っておこう!
発電方法、しってる? 発電には様々な方法があるのをご存じでしょうか。
知れば知るほど電気って大事なんだなと思います。
エネオスのこれまでの実績 石油でお馴染みのJXエネルギー、電力事業の実績が
しっかりあります!確かな実績は安心につながります。
 

 電力小売の全面自由化により、私たちは自由に電力小売事業者を選べるようになります。
 「電気」のことは複雑でよくわからない・・・実際私もそんな感じです。
 ですがポイントを押さえていけば徐々に自分のライフスタイルに合った電力会社が見えてきます。

 

 長年馴染みのある、東京電力などの既存の電力会社にお任せでもいいものですが
 新規参入事業者に視野を広げるのも「電気」について考えるきっかけになるのではないでしょうか。

「ENEOSでんき」は今だけ早割!!申し込みはこちら